2008年02月11日

あなたではないよ 他の誰かだよ

20080204002247.jpgDVC10055.jpgDVC10030.jpgc6216747_640.jpgF1020447.jpg
どうもこんばんわ。歌唄いたいファズです。
またまた今日、埼玉の地元で雪が降りました。
喜ぶ子供と困る人たち、半々なんだろうなあ^^;
交通の方もかなりの運行中止や遅延などがあったみたいですね。
こんな時は家でゆっくり音楽を聴いたり、小説を読んだりするに限ります♪



ナスカの地上絵という話が出ました。
何年も前に形成されたであろう絵は上空からでないと、その姿形ははっきりと見ることが出来ない。
いつ誰が何の為に…?
何であれ、その時、その者にとって"必要"だったからに違いない、はず。
だからこそ形として残っているんだ。
でも、長い歳月が経ち続け今失われようとしている。

少し前に「最終兵器彼女」という作品を久々に読みました。
ちせとシュウジの二人。
最終兵器に改造されて敵と戦いながら、恋をすることで人であることを確かめる"ちせ"。
兵器の彼女に怖がり、中学時代の出来事によって戸惑いながらも、ちせを守ろうとする"シュウジ"。
ちせとシュウジ。彼氏彼女の関係。
シュウジ自身は発端の理由さえ解らない戦争によって、たくさんの友だちやかけがえのないものを失ってしまう。

それを1ページ、1ページ、涙を流しながら読む僕。

その物語の中でシュウジが思った一言…
"自分の周りの愛しい人やものを変わらずに永遠に失いたくないと思う自分は、わがままなのだろうか?"
その問いに僕は大泣きした。
作られた音楽は残るけど、歌い手は永遠には歌い続けられない。自然が残る懐かしい風景も永遠には在り続けられない。
ひとつひとつが変わっていく。
でもその中で変わらないものもある。
そんな変わって消えていくものも、変わらないものも好きでい続けたい。



昨日はシェリル・クロウのニューアルバム「Detours」とWOODALEのEP「FINISH WHAT YOU START」を買いました。
シェリル・クロウのアルバムはまだ聴けていないけど、WOODALE!このバンドは素晴らしいと思う。
メロディーがとっても綺麗で素晴らしい。本当に素晴らしいんだ。
特にM3「SHE'S GOT A WAY」は最高です。
何がいいかって聴いてみないと分からない。



ああ、この日記を書きつつも、FREENOTEの「Re:チャンネル(弾き語り)」を聴いているんだけど切ない。
千香子さんの芯のある歌声に胸が締めつけられる。鍵盤の旋律も気持ちがいい。
次はチャットモンチーの口ずさみたくなるリズミカルな「ハナノユメ」!

俺はこんな素敵なアーティスト、音楽に巡り会えて幸せだ(~▽~)♪



それでは、また。
See you next time!bye-bye.



チャットモンチーの「DEMO、恋はサーカス」はデビューミニアルバム「chatmonchy has come」に収録されていて、イントロのベースのグルーヴィーな音が印象的。
曲の展開も静かな曲調から激しく変わり、切なくも意地っ張りな女性の気持ちをしっかりと歌い上げる、えっちゃんの歌声。
ハズカムの全6曲はどれも素敵な曲たち。



・DEMO、恋はサーカス/チャットモンチー
posted by ファズ at 02:29| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83420056

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。