2007年12月24日

厳しい時代が来ると嘆くのなら

F1020446.jpg
どうも、歌唄いたいファズです。
そういえばFREENOTEのブログで千香っちゃんは、いつから書き始めで「皆さんこんばんわ、うたうたい秦千香子です。」になったんだっけかなあ?
アルバム「オトノハトライアングハル」が出る前あたりだっけ?

千香っちゃんは常に吸収力が強くて、いろんな考えを持っていて、"中身"の濃い人だと思う。
性別関係なく秦千香子さんみたいな人間になりたいです。



一週間ぐらい富士山にいました。そこで整備をひたすら。
人の手が入ってない山の麓は自然そのもので、樹木やすすきやいろんな植物たちがうっそうと生い茂っていて空気もおいしくて、気温は肌寒くても心は温かい気持ちになりました。
山中湖全体が雲のようなかたまりの霧で覆われていて幻想的な光景を見ることも出来ました。
写真を撮ろうと思ったら携帯を忘れてて貴重な光景を収めることができなくて残念だったけど、頭に焼き付いてます。



最近、三國無双5が気になってPS3を買っちゃいました('∇')
やっぱり初代PS、PS2と比べると大分グラフィックが違いますね!
でもさっき「バイオハザード2」を久しぶりにやってみたら、その違いに懐かしく思いました。
PS3を買った目的は「バイオハザード5」をやりたいがためになんですけど、当分発売しそうにないなあ…(´¬`)

最近は「GANTZ」と「仮面ティーチャー」やらを集めて読んでいます。
奥浩哉作品「GANTZ」を読んでいたら次第に"死"が恐くなってきた…。
死の形を読みたどっているような気がして。
「仮面ティーチャー」はさすが藤沢とおる作品。しっちゃかめっちゃかです(笑)



ベボベのメジャー2ndアルバム「十七歳」、坂本真綾さんの「さいごの果実」、コブクロの「5296」、BUMP OF CHICKENの「orbital period」を買いましたからー

う、やっぱりベボベはインディーズの頃からメジャー初期がクオリティーが好きです。
今回のは作品としては良い出来だと思うんですけど、小出くんは「17歳の当時の荒さを削りました」って話してるんだけど、俺はあの予測不可能な荒さが好きでした。
もし凜として時雨もメジャーに行ったらあの奇想天外さがなくなってしまうのかなあ…。


真綾さんの新譜「さいごの果実」ははたまた真綾ワールド的で泣きを誘う言葉とメロディー。"ねえ僕は、僕は知りたい"の貪欲さがたまりません!






年末のライブの日は頑張ります。



今夜、お送りするナンバーは、坂本真綾で「honey bunny」

・honey bunny/坂本真綾
posted by ファズ at 22:52| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74481764

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。